ビジネス化した歯科医療

歯科医は患者が必要としている医療で適正な報酬を得る。しかし不要な検査や治療を患者に必要だと思い込ませ、それらを行う医療という範囲から逸脱した商行為(

ジネス)をする歯科医もいる。患者側は何が必要か、何が不要なのか分からず、知らぬ間に医療ビジネスの片棒を担ぐことになってしまう場合がある。

ある院長は、「医師誘発需要」が働きやすい医療サービス提供者として、「患者が自ら治療の必要性を感じられ、すべて合意の上で治療を進める」ことを厳守し、自らを戒めて治療にあたっているという。医療を経済学的に考えると、消費者である患者側と医療サービス提供者である医療機関側で取引されるサービスは、持っている情報量の圧倒的な差が両者にある。このため患者は医師の勧める治療法に委ねることが多くなり、情報量の多い側にとっては有利な取引となる。

つまり情報提供側が需要をコントロールできるので、歯科でもこの「歯科医師誘発需要」が働きがちとなり、本来は経過観察すべき歯を処置したり、不要な歯周病検査を行ったり、無理やり自費治療に誘導するなどのトラブルが、歯科医療ビジネスの問題点として指摘されている。ある院長は「歯科医療のトラブルは、歯科医と患者の同意(合意)がない中で治療が進んでしまう事が原因です。治療開始時には、歯科医からの説明→治療の選択肢の提示→息者の同意→治療開始というプロセスを踏みます」と話す。

門真市の歯科ならフォレストデンタルクリニックがおすすめです。