結婚指輪のデザイン

最近では、細かい彫刻を施したりウェーブ状の形に仕上げたり、異なる素材を組み合わせたりと、凝ったデザインの結婚指輪が増えてきました。オーダーメイドで結婚指輪を作ればデザインの自由度がかなり広いため、 イメージ通りの結婚指輪を作ることができます。ただし、あまりに奇抜なデザインですと、着け心地に違和感があったり、手仕事の
ときに邪魔になったりということもありますから要注意です。あくまでも結婚指輪は長期的に身につけるものなのでそれを頭に入れてデザインを選びましょう。また幅や厚みとともに、指輪のデザインは耐久性に大きく影響します。

また、一般の方が指輪を選ぶ際、 ほとんど考えないのが結婚指輪の製造方法です。 結婚指輪はその作り方によって、強度や耐久性が大きく異なります。これからの長い人生をともに歩む結婚指輪を選ぶのですから、製造方法にもぜひ注意していただきたいです。

いくつかの指輪を試着してみると、同じサイズなのに着け心地が全然違う、と感じることがあります。これは指輪の幅や厚み、デザインによって変わってくるもので、決して「気のせい」ではありません。結婚指輪は、昼も夜もずっと着け続けることが前提です。ですからちょっとした違和感も、長く着けていると非常に邪魔に感じたり、そのためにイライラが募ったりします。 そうしたことを避けるため、指輪を選ぶときは必ず試着してみることが重要です。

結婚指輪の選び方のTOPへ戻る